にしん飯寿司

北海道の代表的な魚 にしん飯寿司

今季製造分はすべて完売となりました。
北海道産の鰊を野菜やご飯とともに糀を加え、じっくりと熟成させました。にしんの程よい脂のりが、糀の甘みと合ってまろやかな味わいです。

  • 季節限定
  • お届け期間限定
  • 数量限定

北海道産にしん飯寿司 500g化粧箱入

2,560円(税込)

  • 冷凍便
  • 包装可

個数

完売しました

商品番号

10074

内容量

500g化粧箱入

賞味期限

冷凍60日(-18℃以下)

アレルギー

小麦

商品情報
原材料
にしん、ご飯、キャベツ、大根、砂糖、酒、米糀、食塩、醸造酢(小麦を含む)、胡瓜、味醂、生姜、人参、唐辛子、山椒/調味料(アミノ酸)
栄養成分(100gあたり)
熱量 194 kcal
タンパク質 12.5 g
脂質 7.2 g
炭水化物 19.8 g
食塩相当量 2.5 g
配送温度帯
クール冷凍便
主な原料産地
北海道

佐藤水産の飯寿司が完成するまで

動画の後半で音声が流れます。

商品へのこだわり

【北海道の代表的な魚 にしん飯寿司】

脂ののった身厚のにしんを漬けこみました。ほどよい脂の残り具合が、糀の甘味によく合います。 「飯寿司=いずし」は、かつては北国で暮らす人々の冬の保存食で、家庭の数だけ飯寿司があるといわれるほど、盛んにつくられていました。 佐藤水産の飯寿司は、石狩に伝わる昔ながらの製法に、独自の改良を加え、より味わい豊かに仕上げた、冬期限定商品です。 野菜や米とともに糀を加えて幾重にも重ね、石狩の寒気で重石を増やしたり水分を抜いたり、じっくり水分を抜いたり、じっくり寝かせ美味しくなるまで待ちました。

【北海道の郷土料理】

飯寿司は、“なれずし(熟れずし)”の一種でそれは、魚と塩と米で出来た漬け物ともいえる、北海道各地浜に伝わる、冬場の保存食として 生まれた北国の郷土料理です。 昔ながらの製法で、インスタント製法では生まれない旨味と、保存料などを一切使用していない、本物の価値をお確かめいただけます。

晩秋の低温で40~50日間、じっくり熟成

商品のこだわりを閉じる

この商品へのお客様の声お客様の声一覧

  • 美味
    北海道 Sさん
    自信、誇り、愛情で品物を包んでいます。

  • とても美味しくいただきました
    北海道 Kさん
    素材の鰊が大きく、脂がのっていました。 麹もたっぷりと入っており、美味しくいただきました。

  • とても美味しかった
    岩手県 Oさん
    包装紙等もさわやかで大変嬉しくなりました。 贈り物にした商品も少人数の家族なので、 色々セットになっていて喜ばれました。

  • 味良し
    北海道 Nさん
    老夫婦向き、口に合います。

お客様の声一覧

ひとくち数の子松前

1,025円 ~ 1,360円

いくら醤油漬

2,150円 ~ 10,640円

サーモンオリーブ

672円 ~ 860円

さば味噌やわらか煮

紅鮭甘塩切身

サーモンソーセージ

140円 ~ 290円